バレンタインには色の持つ力(色彩心理)を用いて効果的な贈り物に(白編)

imge4aa91bazik4zj
バレンタインまで10日ほどになりましたが、御主人や彼に贈るプレゼントはご用意できましたか?先日は色の持つ力で赤色について書きましたが、今日は白について少し書きたいと思います。

あなたの持つ「白」ってどんなイメージでしょう?
清潔感、純白のウェディング、静か、爽やか、上品そう、潔白、善良、白衣などででしょうか?


今私が挙げた言葉の持つイメージは、どれも暗黒の黒とは対照的意味合いを持っています。

もしも、あなたが大好きな方に「真っ白な花束をギフトに贈りたい!」と考えているのでしたら、あなたの心の中は清く澄んだ気持ちの表れなのかもしれませんネ!

ただ、そんなクリーンな色のイメージを持つ白ですが、少し考え方を変えるとその白さゆえに必ずしも肯定的な感情ばかりとは限らないんです。

一点のシミがつくことを恐れたり、清くならなければならない・・・といった強迫観念を作り出してしまうこともあります。


また、贈られるお相手は“純粋を求められている”とか“純粋な想いを受け取って”と言われることに「押しつけ」を感じてしまう方もいるかもしれないので要注意です。

洋服を購入する際に私も「真っ白」だとキレイでいいな~♡と一瞬手が伸びそうになりますが「でも、汚れたら目立つな~」と買いたい欲望に蓋をしてしまいます。汚すことを恐れてしまうのですね!

このように白の色が持つ特性と、その特性を反対側からみることで自分の心理や受け取った相手に与える影響を考えると色を味方につけたギフトになりますよね!

白には他にも「新たなスタート」といった意味もあるので、それを祝う気持ちを込めて真っ白な花束を贈りたい!
または、やはり白い花を贈りたい!!ということでしたら、ラッピングペーパーにナチュラルな色ベージュや茶系、淡いグリーンなどを持ってきたり、アレンジメントに葉物を多く入れるなどの工夫次第で、際立った白を少し柔らかくしてくれます。

赤を効果的に取り入れるには・・・こちらでご紹介しています

MacRosaの花レッスンでは生花を使って色の持つ意味もお話ししながらレッスンしています。

2月は2/4・5・6・・10(後半もあります)です
2月前半は通常レッスンまたはジュエリーBOX(マカロンタワー可)です
*2/9は満席となりました。
体験レッスンも募集中です!(3000円材料費込み)
お気軽にご連絡くださいね

マカロンタワー1

        お問い合わせ・お申込みはこちら

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です