バレンタインには色の持つ力(色彩心理)を用いて効果的な贈り物に(赤編)

赤いバラ

バレンタインには彼やご主人、お友達や心に想う方へチョコやプレゼントを贈りたいと考えている女性も多いのではないでしょうか。
今回はバレンタイン前に知っておきたい色の秘密についてお話させてくださいね!

MacRosaではフラワーアレンジメントのレッスンの中で色についてもお話をさせていただいています。

花ギフトを贈る時、お祝いやありがとうの気持ちを込めたり、元気をだして!の想いだったり色々なシーンでお花を贈りますよね!

せっかく贈るのですから、デザインに拘るのはモチロンですが、花言葉や色の持つパワー(色彩心理学)を用いて、更に効果的な贈り物にしましょう。

今日はとりわけバレンタインに相応しい色とも言える赤について・・・
赤い色で連想するイメージってなんでしょう?

具体的な物でも、イメージでも構わないのですが、恐らく多くの場合“華やか・激しい・情熱的・派手”などのイメージではないでしょうか?

「赤」は強い感情の表現として使われることが多いので、あまり感情をストレートに表さない人は赤い服を好まない傾向にあるそうです。

もし、いつもは「赤」を好んで使わないあなたが、好きな相手に「赤」の花を贈りたい!と感じているのなら、常日頃秘めている想いが爆発しているのかもしれないですね!それほど相手の方が好きという心の現れかもしれません。

好きな方を想うライバルがいる場合でしたらあなたの強い想い自体は伝わり易い色ですが、あまり強い主張を好まない相手だとしたら、ちょっと愛情の押しつけとも受け取られかねないので、注意してくださいネ!

それでもど~~しても燃えるような爆発的な感情(そんなに愛せるのは羨ましいです)を赤で表現したいということでしたら、ラッピングペーパーや活ける器をベージュや茶系にして自然な色を持ってくると少し落ちついてみえます。
お試しくださいね!

白を効果的に取り入れるには?・・・こちらでご紹介しています

 

MacRosaの花レッスンでは生花を使って色の持つ意味もお話ししながらレッスンしています。

2月は2/4・5・6・・10(後半もあります)です
2月前半は通常レッスンまたはジュエリーBOX(マカロンタワー可)です
*2/9は満席となりました。
体験レッスンも募集中です!(3000円材料費込み)
お気軽にご連絡くださいね

マカロンタワー1

        お問い合わせ・お申込みはこちら

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です