クリスマス用スワッグの簡単作り方!

%e3%82%b9%e3%83%af%e3%83%83%e3%82%b0

気付けば・・・というかとっても気になっていましたが、実は自宅も教室もリースを飾っていませんでした(>_<)
こんな間近になってしまいましたが、まだ10日近く飾れるので、今更ながら残った花材で今年はスワッグを作りました。
*スワッグとは・・・ドイツ語で「壁飾り」
私はなんとな~くXmasに飾ってあるタイプのモノをスワッグと呼ぶのだと思っていましたが、よく花束を逆さまにして飾ってあるようなモノ、それ自体が「スワッグ」というものでした。

師走の週末で時間もないため今回はスワッグにしたのですが、なぜリースではなくスワッグにしたかというと、作り方が簡単なんです。
今回は写真を撮りながらなので、何度も手を止めたため1.5時間とちょっと時間がかかりましたが、2個目は20分で完成しました。

作り方をご説明しますね!
今回の材料はモミの木です。(リース用に準備した残り)
余談ですが、今年のXmas用のお花の仕入れはモミの木がお手頃で良かったです~
1本500円以下で調達できました!
モミの木を1つ目は50㎝でカットして、長さを短くしながら、4本くらい重ねてボリュームを出します。(写真がその状態)
dsc_2916
根元をワイヤーやヒモなどでキチッときつめに留めます。

dsc_2917

留めた上にリボンで装飾!

dsc_2944

松ぼっくりをつけます。
ワイヤーを松ぼっくりの下部分に絡ませて

dsc_2919

こんな感じで幾つかあると豪華!

dsc_2920

松ぼっくりのワイヤーをモミの木に絡ませて固定します。
あまり下部分に多くの飾りがあると、重そうで不安定な印象になるので、ボリュームは上に・・・

dsc_2924

スワッグとしてはこれで完成でも構わないのですが、もうちょっと何か入れたいな~と思ったので、別のリボンを飾りにしてみました。
dsc_2927

長さを変えたこのリボンをカールして3本入れました。

あれ?写真がこれ以上入らないかな?
では、続く・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です