フェイクスイーツを使ったハロウィンリースのレッスン(New)

20

先日ご案内をしました【ハロウィンのリース】新しいバージョンの第一弾が出来ましたので、ご紹介させてくださいネ!今回は秋色の葉やハロウィンカラーの花やマカロンで少しシックに作ってみました。

 

こちらの写真は先日のご案内のハロウィンリース(2015)です。ハロウィンミニリース

 

今回のバージョンで使用しているマカロン及びフェイクスイーツは下の写真のものです。同じマカロンでも秋っぽくシックな今回のバージョンと、下地の色を明るくすることで、こんなに明るく見えます!ハロウィンリース用マカロン

次回は明るい色で少しポップなハロウィンリースを制作して、ご紹介しますね!
その中でご自身の作ってみたいリースを考えてみてください♫

【ハロウィンのリース】

9/14(水)午前10:30~12:30/午後13:00~15:00
料金 3000円(材料費込)追加2つ目制作の方は+1500円

【ハロウィントピアリー】

9/20(火)・21(水)
午前10:30~13:00
料金 3000円(材料費込)追加2つ目制作の方は+1500円

【リースとトピアリー両方!】の欲張りレッスン
9/7(水)・15(木)・20(火)・21(水)・29(木)
午前10:30~14:00(終わり時間はその方次第で早く終了できます。)
料金 5000円(追加制作は1つ+1500円)

 

お問合せ・お申込みはこちらからお願いいたします。

o0280028313717366579

プラチナミセス祭のHPはこちら

MacRosaの出展内容はこちら

クルクマと桔梗のギフトアレンジメント・私が込めた想い

クルクマアレンジメント2
今日は「一緒に育てる集客ブログ」第一回目講座が朝からあり、その後親子共々お世話になっている山野 江里依http://ameblo.jp/futures-e-sさんからご依頼いただいていたギフトアレンジメントの制作をしました。

実は当初「父の日に・・・」と言ってくださっていましたが、タイミングが合わず今日の制作&発送となりました。
お父様は既にお亡くなりになっているのですが、江里依さんは毎年父の日に合わせてお花を贈られているそうです。

お色などのご指定はなかったので、私なりに妄想(?)させていただきました。
『静かに・・・気品を持って・・・清らかな心』そんな想いをお伝えする気持ちで選んだ花材は柔らかなピンクがとても美しかった【クルクマ】と夏の花【桔梗】

桔梗の花言葉は「永遠の愛」「誠実」「清楚」「従順」

花言葉も想いとピタリと重なって、静かな想いを込めたギフトアレンジメントに仕上がりました。

クルクマアレンジメント
もうちょっと大きく写したものがこちらです!ニュウサイランを丸めて挿すことで、BOXアレンジメントが立体的になるようにしています。

ご依頼くださった江里依さんにも、天国で江里依さんを見守るお父様にも、受け取ってくださるお母様にも、皆さんに喜んでいただけますように。

過去のギフトアレンジメントの記事は

こちらのページでごも紹介しています

ホワイトデーのギフトアレンジメントでもご紹介していますので、ご覧ください。

7・8月は生花のフラワーアレンジメントはお休みさせていただきます。
「食べたくなるような花レッスン」は受講できますので、こちらからお問い合わせくださいね。

入学式、卒業式の服に付けるコサージュを手作りで・・・(コサージュの作り方 -1- シンビジウム)

16-02-25-21-45-21-092_deco

3月4月と卒園や卒業、同時に入園・入学と式典に参列する機会が増える時期ですね。

そんな時、ちょっと自分でコサージュを作れたら、ドレスアップした服がさらにグレードアップさせることができます。

今回から何回かに分けて、コサージュの作り方をご紹介していきますので、参考にしてくださいネ!

シンビジウムを使ったシンプルなコサージュの作り方

コサージュの作り方の第1回目は、生花でシンビジウムを使ったシンプルなコサージュです。

先ず、生花でコサージュを作る時には、使用する花を花首から1~2㎝のところで切って、しばらくの間(20~30分)水に浮かべておきます。

16-02-25-22-26-28-950_deco

こんなカンジです!シンビジウムやかすみ草、葉(ドラセナ・ゴッド)をプラカップに浸けておきます。

シンビジウム・かすみ草・葉を使ったコサージュ作りの準備

1)早速ワイヤリングしていきましょう!

1

今回のシンビジウムはあまり大きくないので、24番ワイヤーを半分に切って、それをさらに半分に折り曲げ、曲げた先端を1㎝くらいのところで90°に曲げます。

2)その曲げた部分をシンビジウムの口のような所に引っ掛けるようにして、茎から先端が出てくるようにします。

7

3)生花の場合、いかにしてお花に水分を供給するか、また水分の蒸発を防ぐのかは、大変重要になります。少しでも水分を吸わせられるように切り口にコットンを巻き付け、水を含ませます。

4

4)そして、水を含ませたコットンの上からグリーンのフローラルテープを巻いて、ワイヤーを茎のようにカモフラージュします。

写真には茶色のテープもありますが、この茶色のテープは髪用に作る際に使用します。

5

5)つぎに、かすみ草にもワイヤーを付けます。

かすみ草は28番ワイヤーを半分に切ったものをU字に曲げて片方をかすみ草の茎に巻きつけるようにします。

9

6)同様にコットンに水分を含ませ、更にフローラルテープを巻いて左の写真のようにします。
8

7)葉(ドラセナ・ゴッド)もワイヤーを掛けます。少し見づらいですが、葉の上2/3の真ん中を一針縫うようにして、両端を下に下ろし、葉の切り口にコットンを巻き付けます。

切り口にコットンを巻き付けたあとは、フローラルテープを巻いてくださいネ

さあ、これで準備は整いました!!

シンビジウム・かすみ草・葉をまとめてコサージュにします

準備で出来上がったシンビジウムとかすみ草・葉をまとめて、コサージュをつくっていきましょう。

3

シンビジウム3輪を三角になるようにまとめて、その間にかすみ草を入れます。

2

全部まとめられたら、花の付け根から出来るだけ近い場所をワイヤーでまとめてバラバラにならないように留めます。

16-02-25-21-45-21-092_deco

あとは茎の部分をフローラルテープを巻いて、更にリボンを巻いて出来上がりです!!

最近ではワイヤーもコサージュを服に付けるピンも100円ショップでも目にしますので、入手も比較的簡単です。
バラを使ったコサージュの作り方もこちらで公開中

気軽に出来るし、材料もたくさんは必要がありません。

メモリアルな卒入園を手作りコサージュにしてみませんか?

手作りコサージュを作ってみたいという方は、横浜市営地下鉄センター南駅 徒歩3分のフラワーアレンジメント教室「Mac-Rosa」中谷までお問い合せください。

フラワーアレンジメント教室「Mac-Rosa」主宰の中谷弘美のプロフィールはこちらです。