母の日・父の日にお花屋さんの気分で手作りアレンジメントを贈りませんか?NO・2

16-04-13-17-50-46-544_deco

MacRosaでは母の日や父の日に贈るギフトアレンジメントのレッスン&ギフトアレンジメントのオーダを受付中です!

でも、今日はレッスンに来れない方に向けて簡単に出来るアレンジメントをご紹介しますね!
前回ご紹介した背の高い器でのアレンジメントはこちら

実は、前回と使うお花はほとんど同じなのですが、器を変えると雰囲気が全く違ってきますね
今回は前回とは反対に、高さのナイ器でのアレンジメントです!
こちらの写真の手前の器です!大きさは一辺が15㎝・高さ6㎝
16-04-13-17-36-32-464_deco

①オアシスを入れます。準備として、水を含んだオアシスが水漏れしないようにセロファンなどを敷いておいてくださね。下のように器から2~3㎝低くオアシスを入れます。
16-04-13-17-48-39-665_deco

②では、活けていきますね!
短く切ったクリスマスローズを器に沿って1周挿します。高さは花の大きさにもよりますが、こちらは器の縁から2~3㎝出ています。

16-04-15-09-03-30-647_deco

③ガーベラを活けていきます5本使っていますが、少しづつ顔の向きを変えて、高さは1番高いものでクリスマスローズから顔が出るくらいです。

16-04-15-09-04-46-679_deco

④ガーベラを入れたら、花と花の間に短く切ったアイビーの葉を入れて、バラを2~3本づつクリスマスローズからちょっとだけ顔が出るくらいにまとめて挿します。
これで出来上がり!!いかがでしょうか?

16-04-13-17-55-18-933_deco

今日使った花材は・・・

ガーベラ・5本/スプレーバラ・2本/クリスマスローズ・3本/アイビー・ちょこっと(笑)

少しの花材で素敵なアレンジメントが出来ます!!

さて、今年は母の日や父の日のお花をMacRosaで作って送りませんか?
初心者の方でも箱を使ってオシャレで素敵なアレンジメントが作れるようにレッスンしています。

16-02-19-00-30-19-589_deco
横浜市営地下鉄センター南駅 徒歩3分のフラワーアレンジメント教室「Mac-Rosa」までお気軽にお問い合せください。

フラワーデザイン・生花で基本の形・オーバルアレンジメントで基礎からNO・2

16-04-13-09-08-58-469_deco

フラワーアレンジメントの基本形”オーバルアレンジメント”を前回と今回との2回に分けてご紹介しています。*前回のNO・1はこちらからどうぞ

NO・1では、こちらの写真で終わっていますね
上部の輪郭が作れた状態です。
16-04-12-23-46-16-840_deco
では、続きを始めますネ!
①の花と④、⑤の位置を横から見てみましょう!①と④を緩やかな曲線で結んで、その線上に⑤のように花を挿して行くと、このようになります。

16-04-13-09-45-13-265_deco

1・では、また正面に戻して、④の花の下に⑥を挿します。
⑥は①の花の1/3前後の長さで、器から花1つ分くらい下げた位置に挿しましょう。

2・その⑥の花と③の花を緩い曲線で結んで、その線上に⑦と⑧を挿します。
写真だと等間隔に見えませんが(汗)できるだけ等間隔で挿すと良いですね!

3・オアシスを隠したいので、グリーンを入れます。
今回は良さそうなグリーンを入手出来なかったので、自宅のアイビーを短くして挿しました。

さぁ、これで輪郭は出来上がりです。
あとは、ソリダコと残りの花で、花と花の間の空間を埋めるように活けていけば出来上がります。

16-04-13-10-12-53-613_deco
最初の写真と同じですが、出来上がりはこのようになります。
もっとたくさんお花があればもっと華やかで豪華に作ることもできますよ!
ぜひお試しくださいね!

16-04-13-09-08-58-469_deco

前回も書きましたが、基本形の輪郭の角度や長さは、あくまでも初心者の方が作りやすくなるための目安です。
最終的にはその形を作ることが出来れば良いので、経験者又は上級の方には大きさのアドバイスだけさせていただいて、ご自身でお花から選んで制作していただきますので、更にデザインの力をつけることが可能です!

さて、来月は母の日がありますネ今年は母の日のお花をMacRosaで作って送りませんか?
初心者の方でも箱を使ってオシャレで素敵なアレンジメントが作れるようにレッスンしています。

16-02-19-00-30-19-589_deco
横浜市営地下鉄センター南駅 徒歩3分のフラワーアレンジメント教室「Mac-Rosa」中谷までお問い合せください。

フラワーデザイン・生花で基本の形・オーバルアレンジメントで基礎からNO・1

16-04-13-09-08-58-469_deco

今回はフラワーアレンジメントの基本形・オーバルアレンジメントを2回に分けてご紹介させていただきますね。
”オーバルアレンジメント”とは楕円形に作るフラワーデザインで、以前ご紹介したトライアングルアレンジメントマウンドアレンジメントと同様に基本中の基本のアレンジメントです。

MacRosaの花レッスンでは、初心者の方向けにはある程度大きさを決めて活けていきますので、1本1本挿す長さや角度までご指導していきます。16-04-12-23-50-57-866_deco

今回使うお花は上の写真の通りです。
左の白いストック・赤いスプレーカーネーション・黄色いソリダコ
あとはオアシスを隠すためのグリーンにアイビーを使いました。

では早速!今回は背の高いガラスの器を使いました。
器に十分にお水を含ませたオアシスをセットします。(器の口から2㎝くらいオアシスが出るように)
*オアシスへの給水の仕方はオアシスの準備でご紹介しています。
16-04-12-23-19-41-008_deco

1・オアシスの後ろから1/3のところに、今回は器の高さ(こちらは25㎝)の120%ほどの高さで①の花をしっかりと挿します。

16-04-12-23-31-22-489_deco

2・①の花の側面に①の2/3の長さ、45°の角度で①の両側に②を挿します。

16-04-12-23-38-37-646_deco

3・①~②の延長上に③を挿します。
③は①の1/2~1/3の長さで器から30°くらい持ち上げて挿して、更に真横よりも少し手前に花が向くように・・・
16-04-12-23-41-49-720_deco

4・正面に*フォーカルポイントの花④を挿します。
①の花の1/3ほどの長さで、③の花のように30°くらいの角度で挿します。
5・①と④を曲線的に結んだ中間点に⑤の花を挿します。

16-04-12-23-46-16-840_deco

これで、輪郭の上部は出来ました。
次回は下部の輪郭からのご紹介をさせていただきますね!

ただ、輪郭の角度や長さは、あくまでも初心者の方が作りやすくなるための目安です。
最終的にはその形を作ることが出来れば良いので、経験者又は上級の方には大きさのアドバイスだけさせていただいて、ご自身でお花から選んで制作していただきますので、更にデザインの力をつけることが可能です!

さて、来月は母の日がありますネ今年は母の日のお花をMacRosaで作って送りませんか?
初心者の方でも箱を使ってオシャレで素敵なアレンジメントが作れるようにレッスンしています。
16-03-09-23-44-31-341_deco
横浜市営地下鉄センター南駅 徒歩3分のフラワーアレンジメント教室「Mac-Rosa」中谷までお問い合せください。

入学式、卒業式の服に付けるコサージュを手作りで・・・(コサージュの作り方 -2-バラを使って )

16-02-29-08-45-09-782_deco
3月、4月と卒業、入学などで、コサージュが活躍する時期ですネ!

コサージュは少ない材料で簡単に制作出来るので、今年は手作りしてみませんか?

前回は生花のシンビジウムを使ったコサージュをご紹介しました。卒業式、卒園式の服に付けるコサージュを手作りで・・・(コサージュの作り方 -1- シンビジウム)も見てくださいね。

今回は生花のバラでコサージュをご紹介しますネ!
あ!今回は、お花の材料が少ない時や花同士の色合わせがし難い・・・などの時に役に立つ裏技?もご紹介します。

 

16-02-29-08-52-49-483_deco

1)バラをワイヤリングします。
ワイヤーを花首(花の付け根)から1㎝くらいのところを真横に突き刺して通し、下ろします。(ピアスメソッド)

バラの大きさにもよりますが、今回のバラは大き目なので、22番ワイヤーを使用しました。

16-02-29-08-50-22-227_deco

16-02-29-08-57-15-328_deco
今回も生花なので、切り口にコットンを巻き付けて水を含ませてくださいね。

その上からグリーンのフローラルテープを巻き付けいきます。
*この作業は生花の際は必ず行ってくださいね

16-02-29-08-59-36-065_deco

2)次にオーニソガラムをワイヤリングします。
茎が太いので、茎に直接22番ワイヤーを刺します。

16-02-29-09-00-37-375_deco

3)ストックは先端のところを使います。
今回のストックはあまり重くないので24番ワイヤーを巻き付けます。
16-02-29-08-58-16-187_deco
4)今回はグリーンにアイビーを使います。

1枚ずつ使うので、28番ワイヤーを葉の下から1/3くらいのところを1針縫うようにして、ワイヤーを下ろし茎に巻き付けます。

16-02-29-09-04-03-406_deco
5)材料にワイヤーをかけたら組んでいきます。

バラの位置を決めます(同じ方向を向かないように注意して)

16-02-29-09-05-00-684_deco

6)バラの脇にオーニソガラム(長さを少し変えて)を入れて

16-02-29-09-05-55-053_deco
7)バラを中心にして、オーニソガラムを入れた反対側にストックを入れて、さらにアイビーの葉を周りに入れていきます。

これで、花材は全て入れたのですが、何だか少し淋しい気がしました。
でも、残念ながら手元にある花材で今回のコサージュに合う花が見当たりません。

そこで一工夫!

16-02-29-09-01-40-742_deco

じゃじゃ~ん!
良さそうなリボンを10~15㎝にカットして・・・

16-02-29-09-02-37-018_deco
輪を作って花のようにワイヤリングをします。
これをそのまま花のように使ってしまいましょう。

16-02-29-08-48-10-319_deco
8)ワイヤーで作った茎のような部分を1つにまとめて留めて、さらにフローラルテープを巻きます。

16-02-29-08-47-29-922_deco
9)その上からリボンを巻いフローラルテープを隠して出来上がりです。
16-02-29-08-46-07-045_deco
いかがでしょうか?
生花がメインですが、材料にとらわれずにリボンも1つの材料と考えると、また楽しくなりイメージも膨らみますよね!

手作りコサージュを作ってみたい方は、横浜市営地下鉄センター南駅 徒歩3分のフラワーアレンジメント教室「Mac-Rosa」中谷までお問い合せください。

フラワーアレンジメント教室「Mac-Rosa」主宰の中谷弘美のプロフィールはこちらです。

入学式、卒業式の服に付けるコサージュを手作りで・・・(コサージュの作り方 -1- シンビジウム)

16-02-25-21-45-21-092_deco

3月4月と卒園や卒業、同時に入園・入学と式典に参列する機会が増える時期ですね。

そんな時、ちょっと自分でコサージュを作れたら、ドレスアップした服がさらにグレードアップさせることができます。

今回から何回かに分けて、コサージュの作り方をご紹介していきますので、参考にしてくださいネ!

シンビジウムを使ったシンプルなコサージュの作り方

コサージュの作り方の第1回目は、生花でシンビジウムを使ったシンプルなコサージュです。

先ず、生花でコサージュを作る時には、使用する花を花首から1~2㎝のところで切って、しばらくの間(20~30分)水に浮かべておきます。

16-02-25-22-26-28-950_deco

こんなカンジです!シンビジウムやかすみ草、葉(ドラセナ・ゴッド)をプラカップに浸けておきます。

シンビジウム・かすみ草・葉を使ったコサージュ作りの準備

1)早速ワイヤリングしていきましょう!

1

今回のシンビジウムはあまり大きくないので、24番ワイヤーを半分に切って、それをさらに半分に折り曲げ、曲げた先端を1㎝くらいのところで90°に曲げます。

2)その曲げた部分をシンビジウムの口のような所に引っ掛けるようにして、茎から先端が出てくるようにします。

7

3)生花の場合、いかにしてお花に水分を供給するか、また水分の蒸発を防ぐのかは、大変重要になります。少しでも水分を吸わせられるように切り口にコットンを巻き付け、水を含ませます。

4

4)そして、水を含ませたコットンの上からグリーンのフローラルテープを巻いて、ワイヤーを茎のようにカモフラージュします。

写真には茶色のテープもありますが、この茶色のテープは髪用に作る際に使用します。

5

5)つぎに、かすみ草にもワイヤーを付けます。

かすみ草は28番ワイヤーを半分に切ったものをU字に曲げて片方をかすみ草の茎に巻きつけるようにします。

9

6)同様にコットンに水分を含ませ、更にフローラルテープを巻いて左の写真のようにします。
8

7)葉(ドラセナ・ゴッド)もワイヤーを掛けます。少し見づらいですが、葉の上2/3の真ん中を一針縫うようにして、両端を下に下ろし、葉の切り口にコットンを巻き付けます。

切り口にコットンを巻き付けたあとは、フローラルテープを巻いてくださいネ

さあ、これで準備は整いました!!

シンビジウム・かすみ草・葉をまとめてコサージュにします

準備で出来上がったシンビジウムとかすみ草・葉をまとめて、コサージュをつくっていきましょう。

3

シンビジウム3輪を三角になるようにまとめて、その間にかすみ草を入れます。

2

全部まとめられたら、花の付け根から出来るだけ近い場所をワイヤーでまとめてバラバラにならないように留めます。

16-02-25-21-45-21-092_deco

あとは茎の部分をフローラルテープを巻いて、更にリボンを巻いて出来上がりです!!

最近ではワイヤーもコサージュを服に付けるピンも100円ショップでも目にしますので、入手も比較的簡単です。
バラを使ったコサージュの作り方もこちらで公開中

気軽に出来るし、材料もたくさんは必要がありません。

メモリアルな卒入園を手作りコサージュにしてみませんか?

手作りコサージュを作ってみたいという方は、横浜市営地下鉄センター南駅 徒歩3分のフラワーアレンジメント教室「Mac-Rosa」中谷までお問い合せください。

フラワーアレンジメント教室「Mac-Rosa」主宰の中谷弘美のプロフィールはこちらです。

レッスン報告・フラワーアレンジメントの基本形 トライアングル

16-02-07-00-23-17-225_deco

昨日は土曜日レッスンの日でした。月1~2回土曜日にもレッスンをしていますので、平日は難しいという方もお気軽にご相談くださいネ!さて、その昨日の土曜日レッスンはお一人のレッスンでしたが、基本形のトライアングルアレンジメントでした。写真は生徒さんの作られたトライアングルです。

トライアングルの作り方はこちらでご紹介しています

トライアングルアレンジメントの花材を選ぶ時に適しているのは、先端がシャープになっている花です。
オンシジウムやデルフィニウムなど、細長くて花が縦ラインについているものも使い易い花材ですので、参考にしてくださいネ!
今回のレッスンでは、ストックとオーニソガラム、スプレーカーネーション小手毬りをしようしています。

16-02-05-08-25-19-801_deco
先ほどお伝えした通り、先端が細いものの方が美しい形を作り易いので、カーネーションの中でも先端に近づくほど、こちらのような開ききっていない花を使うとより美しい形に完成できます。
まだ始めて日が浅い生徒さんですが、とても熱心にメモをとってくださる方です。
これからもそんな熱心な生徒さんに楽しいと感じて頂けるカリキュラムを考えていきたいですね!

 

さて、いかがでしょうか?MacRosaの花レッスンでは、このようにお花を特別な日だけのモノとするのではなく、可能な限り生活に取り入れて行けるようなカリキュラムの構成にしています。
そして、同時に色彩心理学を活用して<色>についても学ぶことで、今日の気持ちに合わせて部屋に飾る花の色や着る服を選んだ時、なぜその色だったのか?がわかったり、少し落ち込んでいるお友達に励ましになる色の花束やプレゼントを贈ることでワンランクグレードアップしたギフトになるのです。

フラワーアレンジメントを基礎から学びませんか?
体験レッスン(3000円材料費込み)受付中です!お気軽にお問い合わせください。

2月は2/・10(後半もあります)です
*2/9は満席となりました。

マカロンタワー1

             お問い合わせ・お申込みはこちら

 

フラワーデザイン・生花で基本の形②トライアングル(トライアンギュラー)アレンジメントで基礎から

トライアングルアレンジメント

今回はフラワーアレンジメントの基本中の基本形・トライアングルアレンジメントの紹介です。

トライアンギュラーと呼ぶお教室もありますが、MacRosaではトライアングルと呼んでいますがどちらでも同じ、三角形に活けるフラワーデザインです。

以前マウンドアレンジメントでも同じことを書いたのですが、基本って少し退屈な感じがしてしまいます。(マウンドアレンジメントはこちらでご覧になれます

そのまま使えるものもありますが、面の構成になっているので、デザイン性も少ないきがしてしまいますよね!
でも、これを学んでいる方と学んでいない方では、後の作品に雲泥の差が出てしまうのです。

基本を繰り返すことで様々な発想が生まれるのだと私は実感しています。
基本は疎かにすることなく、続けてくださいネ。
16-02-05-08-24-31-130_deco

今回使用するメインの花材はスプレーカーネーションです。解説が分かりやすくなるように、あえて花材はシンプルにしました。

 

DSC_0759-2

DSC_0760-2

まず、オアシスをセットします。器から5センチくらいオアシスが出るようにセットし、真上に縦1本横2本の線をつけて準備完了!

16-02-05-14-05-04-319_deco

写真のように3本挿して行きます。
今回一番長い花は①で(白い器の縦の長さ+横の幅)×1.5くらいに挿します。
*挿す位置にも注目してくださいネ!オアシスの後ろから1/3の辺りです。
続いて②③と挿しますが、今回は①の長さの2/3にしました。

16-02-05-14-10-24-261_deco

次の④は正面に挿すのですが、分かりやすく横向きの写真にしましょう。
④は正面で器に沿わして①の長さの1/4で挿します。
⑤からはは番号を書いていませんが、①と④を直線で結んだ線上でオアシスの角辺りに45°になるように挿します。

16-02-05-14-18-27-917_deco
写真のように①と②を直線で結んだ線上に2本挿して、同様に反対側の①と③を直線で結んだ線上に2本挿します。
16-02-05-14-12-28-916_deco
それが完成するとこちらの写真のようになります。
16-02-05-14-26-30-284_deco
同じ要領で①と⑤を結び、②と④、③と④を結んでトライアングルのアウトラインを作ります。

トライアングルアレンジメント
そして、アウトラインの内側にカーネーションを挿していき、こでまりでオアシスが見えないように挿していけば完成です。

マカロンタワーのレッスンは2月10日のみの受付となりました。3月以降は正式なレッスンとして取り入れるか、イベントレッスンにするか検討中です。
ご希望がありましたらお気軽にご相談くださいネ

MacRosaの花レッスンでは生花を使って色の持つ意味(色彩心理)などの話も取り入れたレッスンをしています。
体験レッスン(3000円材料費込み)も受付中ですのでぜひご参加ください

2月は2/6・・10(後半もあります)です
*2/9は満席となりました。

マカロンタワー1

             お問い合わせ・お申込みはこちら

フラワーアレンジメントの基本形・マウンドアレンジメントを活用してラウンドブーケを作れます

ラウンドブーケ今日はラウンドブーケについてお話させていただきますネ
上の写真がラウンドブーケですが、そもそもラウンドブーケとはどんな形のブーケなのでしょう?


ラウンドブーケとは、球型のような
ブーケのことを言います。
一番制作し易いのですが、シンプルなだけに限られた空間の中で個性やセンスが問われるブーケです。

先日ブログでご紹介したフラワーアレンジメントの基<マウンドアレンジメント>と実は作り方がほぼ同じなんです。こちらがその記事です

マウンドアレンジメント               <マウンドアレンジメント>

最初の写真はグルーピング(同じ花を固めて挿す方法)でアレンジメントをしていますが、作り方(長さの調整の目安の付け方など)は基本同じです。


ブーケホルダーという道具を使うと、お花に水分の供給がし易く、比較的簡単に出来ます。

ラウンドブーケA写真はまだ数回しかレッスンしていない生徒さんのラウンドブーケの作品ですが、とっても自然できれいな形にできました。


グルーピングなどで個性的なブーケに仕上げたい場合は別ですが、どこから見ても同じようにきれいに花が散りばめてあるラウンドブーケを制作することは、初心者の方でも比較的作り易いブーケの1つと言えます。

もし、御自分のブーケやお友達のブーケを作ってみたい方はぜひご相談くださいネ
ブーケのみのレッスンも受付ています。

2月は2/2・3・4・5・6・・10(後半もあります)です
2月前半は通常レッスンまたはジュエリーBOX(マカロンタワー可)です
*2/9は満席となりました。
体験レッスンも募集中です!(3000円材料費込み)
お気軽にご連絡くださいね

マカロンタワー1

            お問い合わせ・お申込みはこちら

バレンタインや記念日にプレゼント、手作りチョコに簡単ミニ花束を添えて

花束

1月も後半になり、バレンタインデーに向けて各業界で様々なイベントが企画されているようですネ!
MacRosaでもバレンタインに因んだ作品を制作したり、こちらのブログでも<簡単なギフト作り方講座>をご紹介していますので、ぜひご自宅でお試しくださいネ!
16-01-16-18-42-18-554_deco

①今回の材料は愛の告白にぴったりな
「情熱」の意味を持つ真っ赤な
バラと・・・
(赤の色の力はこちらに書いています)

白バラ

②清純、純粋の意味を込めて
白いバラ。お花はそれだけです。
(白の色の力はこちらに書いています)

ドラセナ

③グリーンはドラセナ

バラの花束

④両方のバラを合わせて花首の下で(花同士に空間が出来ないように)持ちます。
10本程度でもミニブーケ(花束)としては十分なボリュームになりますヨ

バラの花束2

⑤花首から一握りくらい下のところで、茎をゴムで止めて下さい。
その時に花同士に空間が出来ないように気を付けてくださいネ

-バラの花束3

⑥バラの周りにドラセナの葉を1枚ずつ囲むように付けていきます。

バラの花束

横から見るとこんなカンジです。

バラの花束5

⑦ドラセナの2枚目も隣に・・・若干重なってもOK!

 

バラの花束6

⑧囲むとこうなります。

花自体はこれで出来上がりですが、ラッピングに100円ショップの
ワックスペーパーが軽く防水効果もあってとても便利です。

バラの花束7

⑨花束の周りをぐるっと囲みます。1枚では足りないので2枚で囲みました。

バラの花束10

  • ⑩最初の写真のように、茎を出したままでも良いのですが、作って直ぐに
    渡せるとは限らないので、
    茎の部分にティッシュペーパーを巻いて
    水に浸けてを含ませます。

バラの花束11

⑪濡れティッシュペーパーを巻いた後はアルミホイルで包みます
(これも100円)
写真だとワックスペーパーが後になっています

バラの花束12

⑫リボンを巻いて出来上がりです。横からみるとこんなカンジです。
 アルミがただの銀色の場合は写真のように茎にリボンを巻いてしまうと
アルミが隠れて
よりギフトっぽくなりますね!

リボンは花首の直ぐ下で蝶結びをすると、邪魔にならないですよ。

お花屋さんの花束は高度な技術と訓練が必要ですが、花首で持って作るミニブーケだと少ない花材でも簡単に出来るので、メインのプレゼントに添えてみてください。

2月は2/2・3・4・5・6・・10(後半もあります)です
2月前半は通常レッスンまたはジュエリーBOX(マカロンタワー可)です
*2/9は満席となりました。
体験レッスンも募集中です!(3000円材料費込み)
お気軽にご連絡くださいね

マカロンタワー1

            お問い合わせ・お申込みはこちら

 

フラワーデザイン・生花で基本の形・①マウンドアレンジメントで基礎から

マウンドアレンジメント今回はフラワーアレンジメントの基本中の基本形・マウンドアレンジメントの紹介です。
基本って、少し退屈な感じがしてしまいますが、これを分かっているのと分かっていないのでは、作品に雲泥の差が出てしまうのです。


基本を繰り返すことで様々な発想が生まれる
のだと私は感じています。

・・・ということで、基本形の基本マウンドアレンジメントの作り方を
   紹介させてくださいネ

DSC_0608-2

まず、器にオアシスを入れます(器から少し頭が出るようにしてくださいネ)

DSC_0607-2

        上から見るとこんなカンジです。

マウンドアレンジメント10マウンドアレンジメントとは・・・器の上に半球上にお花をアレンジするものです。

今回、ちょっと器を小さ目にしました。それに対して、使うお花の長さは写真の通りです。器とオアシスの出ている部分ほどです。

DSC_0613-2

これを中心にして、オアシスに線を引いた延長上のところ(ただし、地面に水平)4ケ所と中心に同じ長さでお花を挿します。

DSC_0619-2次にオアシスを隠すように、グリーン(今回はアイビーを使用)
で見えなくします。

マウンドアレンジメント7

たくさん入れるとこんなカンジです

DSC_0621-2

次にお花を増やして行きましょう。
中心の花とその他の4本の花、それを緩い曲線で繋いだ所に
花を挿します。半球をポン!と乗せるイメージで・・・

DSC_0628-2      その花と花の間にバラを挿して華やかに・・・

マウンドアレンジメント

さらに、かすみ草のような小花(今回はマトリカリア)
を入れて仕上げます。

マウンドアレンジメント

上から見るとこんなカンジです!!
このマウンドアレンジメント、丸テーブルの中心に置くテーブルフラワーにもなりますし、実は基本のブーケもこの形の応用で出来るんです!


詳しくはこちらのブログにありますのでご覧ください
他にもいろいろ活用出来るので、ぜひ覚えてくださいネ!

2月は2/2・3・4・5・6・・10(後半もあります)です
2月前半は通常レッスンまたはジュエリーBOX(マカロンタワー可)です
*2/9は満席となりました。
体験レッスンも募集中です!(3000円材料費込み)
お気軽にご連絡ください

マカロンタワー1

            お問い合わせ・お申込みはこちら